【FX取引時間帯別のトレード手法】

ポロン
ポロン

時間帯別にエントリーしやすい方法を簡単に纏めてみました。

ポロン
ポロン

FXの基本ともいえる部分のなので、是非読んでみて下さいね。

初心者向けなので、トレードが上手な方には当たり前のことなのニャ

姫
ポロン
ポロン

それでも何かのきっかけになれましたら幸いです。

では、ご覧下さいニャ

姫



【FX取引におすすめしない時間帯】


ポロン
ポロン

FXは平日ほぼ24時間取引できることが魅力でもありますが、
取引におすすめしない時間帯や時期もあります。

それがこちらの3つニャ

姫


日本時間の早朝

重要な経済イベントの前後

年末年始

このような値動きを予測しにくいタイミングは、FX取引を避けた方が良いです。


ポロン
ポロン

では、それぞれ詳しく考えていきましょう。



【日本時間の早朝】


ポロン
ポロン

まずは日本時間の早朝ですね。

でも、この時間は結構素直な値動きのような気もするニャ

姫
ポロン
ポロン

そうだね、チャンスはいつ来るか分からないけれど
この時間帯はスプレッドが広がりやすいから注意だね。




具体的には、東京為替市場がオープン前の早朝6時〜7時の間です。

この時間帯は、市場に参加する投資家が少ないので、

値動きが小さくなる傾向にあったり、相場が急変する可能性があります。

参加者が少ないことでスプレッドが広がりやすいリスクもあるので、おすすめしません。


【重要な経済イベントの前後】


ポロン
ポロン

2つ目はご存知の通り重要な経済イベントの前後です。

指標発表時時は行ったりきたりが凄いニャ。汗

姫



具体的には、経済指標や要人発言の発表などが挙げられます。

このような経済イベントは投資家の注目度が高いので、

その発表内容によっては、大きく相場が変動する可能性があります。

値動きの予測もしづらくリスクが高いので、取引するのはおすすめしません。

ポロン
ポロン

このタイミングはギャンブルトレードに近いと考えております。

一気に値動きが来るから僕は怖いニャ~。汗

姫
ポロン
ポロン

でも、値動きによっては短い時間で
大きな利益を獲得しやすいことは確かですね。

僕はおすすめしないニャ

姫


【年末年始】



ポロン
ポロン

3つ目は年末年始です。

年末年始はなんでニャ?

姫
ポロン
ポロン

年末年始は参加者が少ないせいか、勢いが少なくて分かり難い値動きが多いです。

なるほどニャ~

姫



なぜなら、年末年始は不思議な値動きをしたり、相場が急変するリスクが高いからです。

年末に保有しているポジションを決済・調整する人が多いことから、

通常の相場とは異なる値動きが起こる可能性があります。

さらに、年末年始はスプレッドが広がるリスクも高いです。

急な為替変動によって大きな損失を抱える可能性が高いので、おすすめしません。


【FX取引におすすめの時間帯とトレード手法】

ポロン
ポロン

では、FX取引におすすめの時間帯とトレード手法をご紹介します。




特に、世界三大市場と呼ばれる東京、ロンドン、ニューヨーク市場

それぞれの特徴を理解することが大切です。

  1. 東京市場は仲値が決まる10時までが勝負です
  2. ロンドン市場はトレンド相場の順張りがしやすい
  3. ニューヨーク市場はレンジ相場の逆張りがしやすい


時間帯ごとの相場の特徴を理解して、トレード手法を使い分けていきましょう。

ポロン
ポロン

では、どういうことかを順番に考えていきましょう。


【東京市場は仲値が決まる10時までが勝負】


ポロン
ポロン

東京市場は、年間を通してサータイムなどもありますが、
日本時間の8時〜17時を指します。



この時間帯は、日本、オーストラリア、ニュージーランド、

中国などの投資家が取引を行います。

特に、仲値(なかね)が発表される9時55分前後は、値動きが活発になる傾向があります。

仲値(なかね)とは、金融機関が外国為替を取引する際に基準となる価格です。

このレートが発表されると輸出入を行う業者などが中心に取引が発生し、

値動きが活発になるので、FXで利益を出すチャンスです。

ポロン
ポロン

傾向では、特に輸入が盛んになるゴトー日が、
ドル高になりやすいと感じています。


仲値が決まり10時を過ぎると、次第に値動きが落ち着くので、チャンスは少なくなります。

東京市場で利益を狙うなら、仲値が決まる10時まで集中して取引しましょう。


【欧州市場はトレンド相場の順張り】



欧州市場は、日本時間の16時〜26時(冬時間は17時〜27時)です。

この時間帯は、ヨーロッパの投資家が中心で取引を行います。

ユーロ(EUR)やポンド(GBP)などの通貨が積極的に取引され、

オープンの16時〜18時まではかなり激しい値動きをする傾向にあります。

ポロン
ポロン

特に欧州時間開始前と開始直後は、
急な値動きをすることが多いので注意が必要ですね。



強いトレンドを形成することが多いので、トレンドに乗った順張りが有効です。

16時〜18時はFX取引で最も大きな利益が期待できる時間と言っても過言ではありません。

逆に言えば、トレンドと逆行するような取引をしてしまうと、

大きな損失を出す危険性もあるので注意が必要です。

19時以降は、ヨーロッパの投資家たちが昼休みに入るため、比較的値動きが落ち着く傾向にあります。

【NY市場はレンジ相場の逆張り】


NY市場は、日本時間の21時〜早朝6時(冬時間は22時〜早朝7時)です。

この時間帯は、アメリカやカナダの投資家が中心で取引を行います。

ドル円やユーロドルなど、ドル関連の通貨ペアが積極的に取引されやすいです。

特に、21時〜早朝2時は、ロンドンとニューヨークの2大為替市場が共に動く

「ダブルマーケット」と呼ばれる最も取引量が多い時間帯です。

取引量が多いといえ、ロンドン市場の16時〜18時のようなトレンドではなく

レンジ相場になる傾向にあります。

そのため、この時間帯は逆張りが有効です。

ポロン
ポロン

逆張りの時もあれば、順張りの時も必ずあるので、
環境認識がとても大切ですね。



取引量が多い分、短い時間で値幅が稼げることが多く、スキャルピングのような取引が増えます。

短い時間で効率的にお金を稼げるので、仕事帰りのサラリーマンは

ニューヨーク市場を狙う事が多くなると思います。


【夏時間(サマータイム)】



FXでは米国のサマータイム制度に伴い、時期によって取引時間が異なります。

ポロン
ポロン

冬時間が米国標準時間で、夏時間をサマータイムと言います。


夏時間:3月第2日曜日〜11月第1日曜日

冬時間:11月第1日曜日〜3月第1日曜日

夏時間(サマータイム)では、市場の取引時間が1時間早まるので、注意が必要です。

【金曜日の取引時間】


ポロン
ポロン

金曜日の取引時間は、夏時間か冬時間かによって変わります。



夏時間:翌日午前5:55まで

冬時間:翌日午前6:55まで

なお、具体的な取引時間はFX業者によって異なる場合があるので、取引する前に

確認しておきましょう。

【まとめ】

ポロン
ポロン

今回の知識もスタート時には全くありませんでした。

これからFXを学ぶ方はこちらもご覧下さいニャ

姫
ポロン
ポロン

指標発表すら知りませんでしたので、今思えば物凄く怖いですね。

全てにおいて、テクニカル分析MTF分析は必ず必要ニャ!

姫
ポロン
ポロン

そして、沢山の練習も大切です。

ポロン
ポロン

ですので、今回のような基本知識を沢山つけて取組んで行きましょうね!

自分の得意な時間帯を持つことも効果的ニャ

姫



最後まで読んでいただきまして、ありがとうございますニャ

姫



ポロン
ポロン

FX日記も日々更新しておりますので、お手隙の際にご覧くださいね。

宜しくお願いしますニャ

姫
No.26【FX日記】2023年1月
【2023 1/1(日) 謹賀新年】でも、元旦なのだけれど、今日も本業の仕事なので、なんだかお正月という気分ではないなぁ。年々、イベントごとが楽しみでは無くなっていく気がします。これも寂しいことのような気がするけど・・・いずれは専業となって




ブログランキングへ参加をしております。是非、クリックをお願い致します!!